今日の写真『大木を伐倒』

庭の隅に立つ柿の木を切ることに。
この柿の木です。
画像

ハチヤと呼ばれる渋柿。実が小さい為、皮をむいて干し柿に加工も出来ず、秋になると熟した実が落ちて庭を汚すなど、問題多し。3月になると、水を吸い上げるため、この時期に決断。
ただ、この柿の木、根周りは2メートル弱、高さは十数メートルの大木。樹齢は100年くらいか。
塩とお酒で清め、受け口と追い口を白墨で印し、いざ伐倒作業開始。
画像

なんとか切り倒し。
画像

画像

切り口の状態。中心の黒色は、黒柿ではなく、腐りか。
画像

枝を切り落とし、小分けしていきます。
画像

いよいよ、大作業の抜根です。
バックホーで根周りを掘り下げ、根の太い処を鋸で切断。
画像

画像

バックホーで掘り起こし。バックホーは業者に依頼。
画像

大木を支える根の太さ、多さにびっくり。ちなみに、根の裂け口を嗅いだら、皮を剥いた柿の匂いがしました。
画像

画像

何事も、目に見えないものが大切ということかナ。幹の一部は、ベンチなどに加工する予定。追って、アップします。

"今日の写真『大木を伐倒』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント